テラフォーマーズ ネタバレ感想

ドナテロ・K・デイヴス

国籍:アメリカ合衆国
手術ベース:パラポネラ(弾丸アリ)
年齢:30
性別:男

ドナテロ

死刑囚の父を持っていたことで正規の宇宙飛行士への夢が絶たれた青年。
バグズ2号計画では艦長の任を帯びる。
アメリカンヒーローのような使命感と責任感を持ち、
バグズ2号が多数のテラフォーマーに襲撃された際には自ら犠牲となって隊員たちを逃がす算段をつけた。
薬剤投与によりパラポネラの能力を解放することでテラフォーマーのパンチにノーガードで耐え、
逆に素手でテラフォーマーを簡単にくびり殺せるほどの筋力を発揮する。
獅子奮迅の活躍で艦内に侵入した多数のテラフォーマーを全滅せしめるも、
火災で酸欠となり意識不明で倒れた所をヴィクトリア・ウッドに射たれて死亡。

尊敬する人物はニール・アームストロング。苦手なものは納豆。
バグズ手術を受けた後で、娘・ミッシェルを設けていた。

 
広告

週刊ヤングジャンプで連載中の「テラフォーマーズ」に関する個人的な感想ブログです。

ネタバレには配慮しませんので、ストーリーを楽しみたい方は閲覧にご注意下さい。

Return Top