テラフォーマーズ ネタバレ感想

源 百合子

国籍:日本

年齢:20歳

百合子

4歳の頃に両親が交通事故で他界したため、膝丸燈と同じ養護施設で中学卒業まで育つ。

17歳でAEウイルスに感染。長期入院を余儀なくされ、臓器移植に一縷の望みを託しドナーを探していた。

燈とは友達以上恋人未満。生まれながらにバグズ能力を持った燈は周囲から「バケモノ」と呼ばれており、そのことが一線を引かせ百合子に想いを打ち明けることができなかった。

燈は身寄りのない百合子の高額な手術費用をまかなうため、海外の地下闘技場で殺人ショーに身を投じ見事勝ち残るが、手術を受ける前に百合子は容態が急変し死亡してしまう。

彼女と同じようにAEウイルスに冒された子供たちを救う…小町の説得に応じ、燈は火星を目指すことになる。

 

この作品はやたらと幼なじみが出てくるのが特徴だ。

(小町と奈々緒、マルコス&アレックスとシーラ、燈と百合子、アドルフと嫁…はハイスクール以来)
広告

週刊ヤングジャンプで連載中の「テラフォーマーズ」に関する個人的な感想ブログです。

ネタバレには配慮しませんので、ストーリーを楽しみたい方は閲覧にご注意下さい。

Return Top