テラフォーマーズ ネタバレ感想

(120)RAISE LIGHT 再生

九頭龍の放つ捕獲兵器により膝丸燈の身柄を拘束した中国軍。「好(ハオ)!」と将軍たちも思わずガッツポーズ。

そのまま宙吊りにされた燈はゆっくりと九頭龍の顎に飲み込まれて行く…と思いきや、そのピンチを救ったのはテラフォーマーのリーダー格の個体。

その指から放たれた電撃が半球状のフィールドとなって辺りを覆う。そのテラフォーマーの背後には、裸身の女性の姿があった…。

電光石火

激高する凱。電撃の能力者といえばアドルフ・ラインハルトだが、彼はすでにこの地で死んだはずだ。それも中国の工作によって。

予期せぬ反撃にあい、一度は手中にした彼らの旅の目的、膝丸燈がまたこぼれ落ちる。

これを機会とばかりに燈めがけて走り寄るテラフォーマーの群れ。金髪の女性は燈に糸を要求。その考えを察した燈は糸の片方をテラフォーマーの群れへ、もう片方を彼女へと飛ばす。

これで導線はできた。あとは…

141127_01

放射状の糸に電撃を流し込み、襲い来るテラフォーマーの群れを撃滅する女性。雷の破裂音が空気をつんざく。

崩折れるテラフォーマーの群れ。その中央に立つ彼女の顔を、燈はよく知っていた。

 

エヴァ・フロスト。

アドルフとともに爆死したと思われた彼女であったが、手術ベース・プラナリアの持つ何らかの特性によりあの爆発を生き延びていた。アドルフの能力を吸収して。

この場所は、かつてドイツ班がテラフォーマーの軍勢に襲われたまさにあの場所であったのだ。

「道(そこ)を…退(ど)きなさい」

雷光を纏い立つエヴァの姿は、彼女がこれまで見せたことのない凛とした決意と、何をしてでも仲間を必ず助けるという覚悟に満ちている。

次号、雷神が再び火星の夜を斬り開く。

広告

週刊ヤングジャンプで連載中の「テラフォーマーズ」に関する個人的な感想ブログです。

ネタバレには配慮しませんので、ストーリーを楽しみたい方は閲覧にご注意下さい。

Return Top