テラフォーマーズ ネタバレ感想

(161)BY NAME その名は

約束の刻限となり、ダンがフロンティア・スピリットの離陸を告げた。

小町ら幹部たちは戻らない。カイ将軍の乗る九頭龍+アリタケで操作されたG軍団と、ご乱心遊ばされたジョセフの足止めで手一杯だ。

誰もが押し黙ったまま、船は火星の大地を離れる。

決着

ジョセフの剣によって背後から心臓を貫かれ、死の際にいる小町。劉が放った解毒アンプルが起爆剤となり、禍々しいオオスズメバチの姿へとファイナルトランスフォームを遂げた・・・と思ったらまた人間の姿に戻るんかーい!!! もうさすがにこの最終変態詐欺には飽き飽きと言わざるを得ない。オーバードーズして人間に戻れなくなったティンとアレキサンダーは一体何だったのか・・・。複眼は人間の意思を宿した瞳に戻り、触角は短くなり、翅や触腕も引っ込んでしまった。ジョセフの見立てでは小町はすでに心停止し、昆虫の気門呼吸だけで動いているはずなのに。

途切れそうな意識の隅に、ティンとの思い出が蘇る。ティンという名前の意味は「燈し火」・・・その言葉と共に目を見開いた小町は、転がっていたカマキリ型テラフォーマーの大鎌に渾身の力を込めてジョセフの左肩口へ袈裟懸けに振り下ろす。

151105_01

どれだけの腕力があればそんなことができるのか、ジョセフの肉体は左肩から右腰のあたりへ真っ二つに寸断され、さらに返す刀で首を薙がれ、その上最後に脳天から唐竹割り。細切れにされたジョセフ肉体からはフッと精神の火が消え、その場に肉塊となって転がる。同時に小町も変態が解け人間の姿となって大の字。

ジョセフはエヴァ並みの再生能力があっても不思議ではないので、これで死亡退場とは限らない。小町の死に様も綺麗すぎて胡散臭い。どうとでも理屈をつけて復活を遂げそうな雰囲気がヒシヒシと伝わってくる。アシモフと劉 翊武の描写はないが、彼らは今後どう動くのか。

それにしてもジョセフの意図は幼稚すぎて何の共感もできず、この戦いに一片のカタルシスも得ることはできなかった。ジョセフはこれで満足だったのだろうか。

広告

週刊ヤングジャンプで連載中の「テラフォーマーズ」に関する個人的な感想ブログです。

ネタバレには配慮しませんので、ストーリーを楽しみたい方は閲覧にご注意下さい。

Return Top