テラフォーマーズ ネタバレ感想

(173)WINNER BUGS 名も無き勝者たち(第二部・完)

2620年4月20日、アネックス1号計画はその全てを終了した。生存者は20名。以下にその氏名を記す。

小町小吉(※中国班の捕虜)
鬼塚慶次
マルコス・E・ガルシア
三条加奈子
中之条江莉佳

ミッシェル・K・デイヴス
膝丸燈
アレックス・カンドリ・スチュワート
竜一・ロブソン
アミリア・ヴェンカテッシュ
ウォルフ・レッドフィールド
柳瀬川八恵子

イワン・ペレペルキナ
アナスタシア・A・ポリトコフカヤ

ボルジギーン・ドルヂバーキ
ジェット

西春麗

エヴァ・フロスト

ジョセフ・G・ニュートン

次の戦いへ

ロシア班がイワンに託したAEウイルスのサンプルにより、アネックス1号本来の任務は達成できた。これによりワクチン開発が進み、AEウイルスによる伝染病の被害は終息へ向かうことだろう。

しかしテラフォーマーたちはすでに地球上に出現している。そして各国政府やニュートン家がそれぞれの思惑を胸に動き出すのはこれからだ。過酷な火星戦争を生き抜いた兵士たちに安息の日が訪れるのはまだまだ先のことである。

それでも今はただ、地球へ帰るフロンティアスピリット号の中で全てを忘れ眠ることが許されてもいいはずだ。新たな戦場はすぐそこに迫っているのだから…。

160210_01

2016年3月17日連載再開、新章開始とのこと。

広告

週刊ヤングジャンプで連載中の「テラフォーマーズ」に関する個人的な感想ブログです。

ネタバレには配慮しませんので、ストーリーを楽しみたい方は閲覧にご注意下さい。

Return Top