テラフォーマーズ ネタバレ感想

(30)THE BATTLE MASTER 草間朝太郎

記者会見場からダミーのライブ映像を流し、実際には輸送ヘリでいずこかへ飛び去る途中のテラフォーマー指導者個体「インヴォーカー」。

機内で座るインヴォーカーの背後には、どうやって侵入したのか定かでない草間朝太郎の姿があった。

草間はインヴォーカーの両鼓膜を破り、仕込み針で何らかの毒を注ぎ込んで視覚と嗅覚にもダメージを与えたようだ。驚き震えるインヴォーカーだが、テラフォーマーにはゴキブリ由来の感覚器「尾葉」が備わっており、これで敵を感知することができる。

組み付かれ背骨をへし折られそうになる草間だが、特に理由もなく体勢をひっくり返すと相手を袈裟固めで押さえつけ何やらよくわからない心構えについて説教。

そこへ草間の背後から取り付いた白面の幼体テラフォーマー(ヒトとのハーフ?)が首をねじ回し、骨の折れる音が響いた…と思ったのだが、草間は平然と幼体を掴んで床へ叩きつけ復帰。悠然とふたたびインヴォーカーと組み合うと、そのまま打撃で相手を粉砕、昏倒させる。

大の字になったインヴォーカーを見下ろしカメラで撮影しながら、「何か勘違いしとりゃせんか?」と唐突に安西先生のセリフを吐く草間。手術ベースはワシミミズクとのこと。

次号インヴォーカーの反撃なるか? つづく

広告

週刊ヤングジャンプで連載中の「テラフォーマーズ」に関する個人的な感想ブログです。

ネタバレには配慮しませんので、ストーリーを楽しみたい方は閲覧にご注意下さい。

Return Top