テラフォーマーズ ネタバレ感想

(7)ENCOUNTER 対面

20年前の亡霊


蛭間七星-目の前の男が名乗った苗字に、本多博士は覚えがあった。
バグズ2号計画で自分が内通し、他のメンバーを犠牲にしてでもテラフォーマーの卵を持ち帰るよう依頼した男。
小町小吉とともに生還した蛭間一郎である。七星はその弟だ。

七星が本多博士のもとを訪れた目的は逃亡した博士の身柄を拘束することではなく、
航空自衛隊三等空佐としての協力要請であった。

 

火星の大気圏へ


アネックス1号は火星の大気圏へ接近していた。
予定ではあと2時間で着陸し、火星での任務が開始される。

7_1

ゴキブリの姿を思い出し、クルーにも緊張が漂いはじめた。
エヴァは出発前のアドルフの言葉を思い出す。
実際に戦線を張るのは戦闘に長けた幹部乗組員たちで、一般クルーはウイルス調査中心。
そして自分の他に99人の仲間がおり、事前に作戦を練ることができる。

気休めにはなるが、それでもエヴァの心には拭い去れない恐怖がこびりついていた。

 

小町艦長はシャワールーム付近の監視カメラの異常を感知し、ミッシェルへすぐに調査するよう命じる。
換気口からシャワールームを覗こうとしたマルコスと燈はが見たのは、
長湯をしていた中国人女性クルーの一糸纏わぬ姿・・・ただし、上半身だけになった死体であった。

その頭を軽々と片手で持つのはテラフォーマー。
火星に着いてもいないのに、なぜ船内にゴキブリがいるのか。
そしてなぜ的確に監視カメラが破壊されているのか・・・

 
広告

週刊ヤングジャンプで連載中の「テラフォーマーズ」に関する個人的な感想ブログです。

ネタバレには配慮しませんので、ストーリーを楽しみたい方は閲覧にご注意下さい。

Return Top