テラフォーマーズ ネタバレ感想

(10)OFFICER 保有兵力

プランδ


U-NASA本部からの指令に基づき、アネックス計画はプランデルタへ移行する。

プランデルタの概要はこうだ。

6つの高速脱出機にチームごとに乗り込み、別々の方角へ緊急脱出を行う。
着陸の後アネックス1号へ集合し、設備が生きていればAEウイルスの研究を続ける。
40日後には地球からの救助船が来るのでそれに乗って帰る。
6班に別れてから集合するまで、判断の一切は幹部それぞれに一任される。


つまり全体での集団行動でなく、各班ごとに単独行動が認められることになる。
どこかの国の班が何らかの秘密工作を行う場合、他のチームに知られずに行うことが容易となるだろう。
買収か圧力かはわからないが、U-NASAはそのためにプランデルタを命じたに違いない。

小町が幹部へプランデルタへのスイッチを命じると、
幹部は各々の持ち場でテラフォーマーを撃破。
その様子は描写されないが、皆無傷で軽々とゴキブリの死体を運んで来ていることから
相当な戦力を有していることが窺える。

10_1

それぞれに特徴的な死体だが、
現時点で手術ベースが明らかになっているのは小町艦長のオオスズメバチのみ。
他の幹部の能力は未知数だ。

艦内に侵入したゴキブリは全て始末し、脱出機の安全は確保した。
次は脱出だ。
広告

週刊ヤングジャンプで連載中の「テラフォーマーズ」に関する個人的な感想ブログです。

ネタバレには配慮しませんので、ストーリーを楽しみたい方は閲覧にご注意下さい。

Return Top