テラフォーマーズ ネタバレ感想

(13)OPEN FIRE 開戦

謎に包まれたゴキブリの目的


日米合同一班、シーラの背後から出現したテラフォーマー。
脱出機の窓を拳で突き破ると、中へ侵入しようとしている。
その視線は間近のシーラではなく、別の物へ向けられていた。
マルコスは驚愕する。
ゴキブリが明らかに、人間ではなく「薬」を狙っていることに。

小町艦長の操縦で一旦距離を作ることに成功し、迎撃態勢を取る。
マニュアルには違反するが、相手が単独であっても全力をもって対処する。
小町の命令は投薬、そして捕獲だ。

だが、やる気まんまんの小町らを尻目にゴキブリは羽を広げて飛翔し、
再度脱出機に取り付いた。シェードをこじ開け中へ入ろうとするゴキブリ。
まさか脱出機を奪うことが目的か-?

 

人類の叡智、網


待ち構えたシーラが勇気を振り絞って放った捕獲銃の網。

13_1

クローン培養されたテラフォーマーのデータを元に、
彼らの筋肉の3倍の力でも切れないよう開発された特別製だ。
ゴキブリはあえなく網にかかり、身動きが取れない状態になった。
捕獲完了だ。

網の中からゴキブリが両手をシーラへ向ける。
双方の手のひらには暗い穴が開いていた。

何だ?

危険を察知した小町がシーラを突き飛ばすよりも一瞬早く、
ゴキブリの手のひらから放たれた「何か」がシーラの胸を貫いた・・・!
広告

週刊ヤングジャンプで連載中の「テラフォーマーズ」に関する個人的な感想ブログです。

ネタバレには配慮しませんので、ストーリーを楽しみたい方は閲覧にご注意下さい。

Return Top