テラフォーマーズ ネタバレ感想

(17)ONE PUNCH MAIDEN 一撃の女

ミッシェルの自信


ワンパンメイデン・・・
となりのヤングジャンプ」で連載中のワンパンマンのイメージが強烈すぎて
ミッシェルを見ただけで笑いがこみ上げてくるタイトルだ。

 

脱出機で移動するミッシェル班は幸運にも水場を発見する。
40日分の飲料水は脱出機に積んであるものの、使える水が多いに越したことはない。
水場の安全を確保するため、周囲に群がるテラフォーマーを排除する必要がある。
ミッシェルたちは脱出機を降りた。

脱出機の近くでミッシェルを見守るアレックスは、
その挙動に注目していた。
彼女は膝丸燈を脱出機の護衛に向かわせ、自分一人で20匹のゴキブリを相手にするという。
その細身の体でどうやってゴキブリと戦うのか・・・?

17_1

受け継いだ力


彼女は父ドナテロ・K・デイヴスから遺伝的に弾丸アリ・パラポネラの形質を受け継いでいた。
自重の100倍を持ち上げる筋力としてそれは発揮されている。
そして更に能力を上乗せる格好でMO手術も受けており、
別の昆虫の特性も持ち合わせている。

ミッシェルの自信は実力通りのものであった。
同時に4体のゴキブリを瞬殺せしめ顔色一つ変えない。

筋力で頭部をねじ切るだけでなく、
殴ったテラフォーマーが内部から「炸裂」するのをアレックスは見た。
それがどんな生物の能力かはわからないが・・・。

蛭間七星曰く、ミッシェルと同様に二種の能力を身に着けている膝丸燈も大きな戦力である。
二人は人類にとって希望となると。

 
広告

週刊ヤングジャンプで連載中の「テラフォーマーズ」に関する個人的な感想ブログです。

ネタバレには配慮しませんので、ストーリーを楽しみたい方は閲覧にご注意下さい。

Return Top