テラフォーマーズ ネタバレ感想

(67)DEATH LAND 暗き空

ここしばらく中国班の生存・裏切りに端を発したバトルシーンが中心のため、
状況がいまいち飲み込めない読者が多いと判断したのか
今号にはこれまでの状況を整理した図解が掲載されている。

131003_1

日米合同一二班・・・脱出機で中国班から逃走。イワンに連絡中? 小町と加奈子は負傷

ロシア第三班・・・ピラミッドから帰還し、本来は同盟していたはずの中国班を裏切って敵対中

中国第四班・・・アネックスを占拠しモザイクオーガンの生体サンプル(ミッシェルと燈)の引き渡しを要求

ドイツ第五班・・・進化型テラフォーマーとの戦闘によりアドルフ死亡後、巨大な閃光と共に消息不明

ローマ第六班・・・イワンは目的不明の単独行動、班員は洞窟にて待機

U-NASA・・・本多博士の所在が明るみに出たことでパワーバランスが変化。政治的圧力が火星の部隊にも影響

 

ミサイル車両


一進一退の戦況に決定的な一打を与えたのはロシア班・アレキサンダーだった。
中国が持ち込んだミサイル車両を奪取し、操縦士を拷問してミサイル発射コードを聞き出し、
その砲塔を中国班に向ける。

負けを認め空気中への毒物散布を止める劉 翊武。その証明として防毒マスクを取るジェット。
職業軍人同士とは思えぬ、潔くスポーツマンシップにのっとったやり取りだ。

落ち着いて話ができるようになったのを見て、アレキサンダーは交渉を続ける。
中国班の裏切り作戦を可能にしているのは周囲に電波障害を起こせるアンテナ装置であり、
それなしでは地球へ全ての悪事が筒抜けになってしまう。
事が露見すれば中国政府は実働部隊をトカゲの尻尾にして切り捨てるだろうから、
劉以下中国班は自分の身も家族の無事も危うい状況になる。

無言の中国班。
アレキサンダーが落とし所として提案したのは次の2点。
(1)中国班がロシア班の下に従うこと
(2)ミッシェルと燈の強奪を取りやめること
ロシア班の思惑はアネックスの研究設備の独占。
ピラミッドで見つけた「何か」を設備を使って調べたいようだが・・・?

 

数瞬の沈黙。劉の返答は・・・

「デケー銃声がしたんで戻ってみたらよォ・・・」


声はアレキサンダーの背後から聞こえる。劉ではない。
アネックス内部へ戻ったはずの西(シー)が車両後部にいた。
彼女は一糸纏わぬ姿で背景が透けており、透明化・あるいは擬態の能力持ちであることが窺える。
それを利用して気付かれずにアレキサンダーの背中を取った。

「コード聞き出せてねぇーじゃん お前」


ブラフを看破されたアレキサンダー。手札がバレた以上交渉は成り立たない。
刹那、ジェットが足で大地を蹴って衝撃波を起こし、ミサイル車両を逆立ちするまでに持ち上げる。

第二ラウンドとばかり睨み合うアシモフと劉。アシモフは毒が回り憔悴の色が濃い。
ジェットの戦闘力はまだ底が知れず、状況は中国有利に見えるが・・・

間髪をいれずアレキサンダーを殺そうと仕掛けた西。
その瞬間、高速で飛来した何かが西とアレキサンダーの腕を切り飛ばした。

目では追えない。姿も見えない。
ハリオアマツバメの加奈子か?
しかし彼女は負傷し治療中であり、加えて友軍ごと人を傷つけるような人物ではない。
そして今の攻撃には怒りも闘志も感じられず、ただ自然な敵意だった・・・
そう西は考えていた。

 

暗雲


火星は昼の時刻だが、空は一面暗雲に覆われ夜と間違うほどだ。
雨か? ・・・否、そうではない。
空を覆い尽くさんばかりに群がる黒い生き物の影。
それを率いるのは・・・またも異形、能力持ちと思しきテラフォーマーであった。

131003_2
広告

週刊ヤングジャンプで連載中の「テラフォーマーズ」に関する個人的な感想ブログです。

ネタバレには配慮しませんので、ストーリーを楽しみたい方は閲覧にご注意下さい。

Return Top