テラフォーマーズ ネタバレ感想

(75)“ARMS” AND THE HUMAN 武器と人

中国班の紅(ホン)による毒素放出で周囲のゴキブリは一旦退けたものの、危機が去った後は再び人間同士の争いが始まる。

単身でアネックスへ潜入したロシア班のアレキサンダーはミサイル発射筒を破壊したものの、紅(ホン)を前に非情になりきれず戦死。

アネックスから遠ざかる1・2班の脱出機を追う劉と、それを追撃するアシモフらロシア班+小町・加奈子。

そして脱出機の前に未知のテラフォーマーが現れる・・・!

 

131128_01

脱出機を片手で持ち上げる怪力、弾丸蟻(パラポネラ)の能力を有するテラフォーマー。

この個体がこれまでの連中と比して一番進化したのは衣装だ。

腰に巻く「銭湯の脱衣所スタイル」からブリーフ的なシルエットへと変貌を遂げている。

なんと恐ろしいゴキブリ達の学習能力。

まさか誰かの遺体を研究して下着の概念を学んだのか・・・?

 

パラポネラはバグズ2号の艦長、ドナテロ・デイヴスの手術ベースだ。

そして彼はミッシェルの実の父親でもある。

 

ミッシェルは父から先天的にMOと蟻の形質を受け継ぎ、生まれながらにして蟻の怪力を身につけていた。

そしてそこへ追加で別種の「爆弾アリ」の能力を追加することで飛躍的に戦闘力を向上させている。

彼女が奇跡の子(ザ・ファースト)と呼ばれ、他国が身柄を狙う理由だ。

 

脱出機は持ち上げられ為す術がない。

異様なまでの怪力を見せつける弾丸蟻テラフォーマー。

燈は糸でそれを拘束するが、糸を固定した周囲の岩盤ごと力任せに引きちぎろうとしている。

分が悪いか・・・? 燈の額に汗がにじむ。

 

さらに歩を進めようとしたテラフォーマーの背後に、見覚えのあるシルエットが腕を構えていた。

影は名乗る。その弾丸蟻の能力をもたらした男の、ただ一人の娘の名を。

「還して貰うぞ その特性(能力)」

 

蟻と蟻の壮絶な力比べが始まる。

 
広告

週刊ヤングジャンプで連載中の「テラフォーマーズ」に関する個人的な感想ブログです。

ネタバレには配慮しませんので、ストーリーを楽しみたい方は閲覧にご注意下さい。

Return Top