テラフォーマーズ ネタバレ感想

(86)POWER OF CROSS 野生と剣

自ら囮となり中国班の追手を引きつけたミッシェルと燈だが、脱出機に残ったアレックス・八重子とともに爆(バオ)に捕縛されてしまう。

一方他の日米班メンバーは地中からアネックス付近へ引き返し、電波塔をジャックし地球と連絡を取るべく突入するタイミングを図っていた・・・。

 

地下トンネル


トンネルを掘削するのはハリモグラの能力を持つペギー・フォーティの役目だ。

とはいえ彼女は非戦闘員であり、本来は研究者として火星へ帯同している。慣れない力仕事に疲労の色を濃くにじませる。

 

ジャレッドのソナーとウォルフのロレンチーニ瓶(サメが持つ磁場を感知する器官)により、地中にいながらにして大体の状況は見えていた。すごいぞMO手術!なんでもありだ。

彼らは紅(ホン)の能力を知らないが、500以上いたテラフォーマーがアネックスに近づいた途端バタバタと死んだという現象は感知している。

そこから導かれる推測は、毒ガス・細菌兵器・放射線のような無差別の大量破壊兵器。

穴の中のマルコスらはそれらへの防護服は持っていない。

 

それでも突入するというなら、タイミングは日の出以降、風が出た時だ。

日光に当たれば細菌は変性するし、風が吹けば毒は払われる。

今は夕暮れ。突入まではまだ時間がありそうだ・・・。

 

狼煙


ミッシェルたち4人を捕縛し、脱出機で劉との合流地点へ向かう爆(バオ)。

火星のドライブは悪路ながら快調に進んでいるかと思いきや、進行方向に突如現れたのは杭と網。

脱出機を捕らえ動きを封じるためのトラップだ。火星到着直後にローマ班の脱出機に使われたものの改良形である。

 

燈から驚きの発言。「あいつが・・・狼煙を上げてた・・・!」

「あいつ」とは先ほどまで死闘を演じたマイマイカブリ型テラフォーマーのことだ。

狼煙なんてあったか・・・?と思って確認したところ、

テラフォーマーズ_狼煙

(77話より)

マイマイカブリの登場シーン。これ狼煙かよ!

 

マイマイカブリとパラポネラは時間稼ぎの役割を果たし、その結果大群の集結を許してしまった。

燈の専用武器・忍者刀膝丸を手に脱出機の縄を切る爆。地表を埋め尽くさんばかりの黒い点が近づいてくる。

それでも爆は冷静な表情を崩さない。燈を生きたまま持ち帰る、そう宣言し正面からゴキブリの群れに相対する・・・。

 


劉を追って移動中のロシア班と小町。

小町は車の積荷について尋ねる。

アシモフが事も無げに「ピラミッドで見つけた」と言い取り出したそれは・・・

テラフォーマーズ_ピラミッドの剣

ピラミッド内部のドームに鎮座していたあの剣だ。

当時はアシモフらの到着前に消えたような描写であったが、実際は彼らが盗み出していた。

この剣にどのような意味があるのだろうか。刀身に刻まれたラインは忍者刀膝丸のそれとよく似ているのは偶然か。

 

新たな謎を残し、また火星に夜が来る。

 
広告

週刊ヤングジャンプで連載中の「テラフォーマーズ」に関する個人的な感想ブログです。

ネタバレには配慮しませんので、ストーリーを楽しみたい方は閲覧にご注意下さい。

Return Top