テラフォーマーズ ネタバレ感想

(92)THE FRONT OF UN ARMAMENT 軍事境界線の遥か上

脱出機での爆(バオ)vsジョセフの戦いはランキング1位のジョセフが圧勝。

次なる問題は車両で追撃してくる劉 翊武、アネックスで細菌の毒によるダメージを回復中のジェットらだが、ひとまず日米班の眼前の脅威は去ったと言って良い。

今号は一息ついて、シチュエーションの説明にページが費やされている。

 

ジョセフの求愛


ミッシェルたちのピンチを救った最高のタイミングで彼女に求愛するジョセフ。真剣な表情だ。

ミッシェルは律儀で義理堅い性格のため、それを曖昧にはぐらかすことができなかった。

上席でもあり年長っぽく振舞っているが彼女もまだまだ若い。

「数いる候補の中の上の方に加えておこう…」

この譲歩には燈も驚愕した。てっきりジョセフが殴られて終わると思ったのに。

命がけのやりとりの直後とは思えない弛緩した空気をまとい、脱出機は進む。

彼らは一体どこを目指しているのか・・・。この漫画もどこを目指しているのか・・・。

 

地球


前号の終わりにAEウイルスとモザイクオーガンの関係についてひとつの疑問が提示されたが、今回はそれに関する進展はない。

読者としては火星メンバーは変態することでウイルスを浄化しているのかと勝手に考えていたが、マスクなしで活動するのはMO手術を受けていても不自然らしい。

確かに紅(ホン)がまき散らした細菌の毒は効くのだから、ウイルスの毒性も発揮されると考えるのが妥当か。

ではなぜ火星メンバーはAEウイルスに感染しないのか…?

今はまだ答えは出ない。

 

疑念をよそにドイツとローマの密会は続いていた。

ドイツはAEウイルスを応用してMO手術の成功率を上げる技術が最も進んでいる。

ローマにはランキング1位のジョセフがおり、火星で生き残る確率が最も高い。

互いがユーロとして手を組み、本多博士の身柄を確保している日米を出し抜く算段だ。

 

膝丸燈の遺伝的MO手術を成功させた本多博士だが、その功績は彼一人のものではなかった。

アレクサンドル・グスタフ・ニュートン・・・。

ジョセフのひいひいじいさんに当たる、バグズ2号の計画責任者。

再びその名を耳にすることになろうとは。

とは言え本多博士も優秀な人物であり、欠けたデータの埋め合わせは燈が協力すれば実現できる可能性が高い。

それに先んじて技術を独占するためには互いの足を引っ張り合っていては駄目…。

 

ここに利害が一致し、ローマの下にドイツがつくことで長い非公式会談は終わりを見た。

結局この物語は人類vsゴキブリのスペース害虫駆除などではなく、最初から人類同士の利権争いでしかなかったわけだ。

そして、その争いは火星での殴り合いに勝った者が制する構図だ。

テラフォーマーズ_各国の思惑

 

アネックス付近地下


夜明けに風が吹くタイミングを測ってアネックスを襲い、地球との通信アンテナを奪取する計画のマルコス・慶次たち。

紅(ホン)の毒で受けたダメージを回復していた中国班メンバーが爆(バオ)に加勢するためアネックスを離れていく。

これで簡単にアンテナを攻略できる・・・そうマルコスがほくそ笑んだ瞬間、トンネルの天井をぶち破って落ちてきた人影があった。

 

「あれれれれ こんな所に!」

防毒マスクの下に見えるその太い眉、死んだはずの爆(バオ)がそこにいた。

アネックス本艦の中にも、劉が運転する車両の中にも全く同じ顔の人物がいる。

爆(バオ)は一人ではなかった。これが彼の能力なのか・・・?
広告

週刊ヤングジャンプで連載中の「テラフォーマーズ」に関する個人的な感想ブログです。

ネタバレには配慮しませんので、ストーリーを楽しみたい方は閲覧にご注意下さい。

Return Top