テラフォーマーズ ネタバレ感想

(98)THE SHELL 敵意の殻

防護服を着たテラフォーマーの参戦により混迷の度を増すアネックス艦内。

現在の状況は?

・慶次
オニヤンマ型テラフォーマーを撃破。単独で通信コントロール室を目指す。

・マルコス
アネックスの外で爆2人と交戦中

・ウォルフら(非戦闘員エンジニア)
予備の防護服を入手するため食糧庫へ向かう。

・紅&爆
通信コントロール室前で防戦の構え。紅はまだ変態していない。

日米班は通信室を奪取して地球への通信を回復し中国の裏切りを伝えたい。
逆に中国班はそれを阻止したい。
そこへゴキブリたちが参戦し状況は予測できないものへと変化していく…

 

防護服


防護服を着込んだテラフォーマーが2体。手には艦内の見取り図が描かれた布を持っている。

オニヤンマが今際の際に館内放送で残したメッセージを受け、彼らは筆で見取り図に☓印をつけていく。

140605_01

メッセージの内容はすべて「じょうじ」なので詳細はわからないが、どうやらオニヤンマが調べ、何もなかった部屋をチェックしているようだ。
そして◯印がついているのは紅(ホン)の姿。彼らの目的は紅の殺害または確保であることが推測される。

 

食糧庫へたどり着いたウォルフたちエンジニア班。予想ではここに爆が増殖するための装置と、予備の防護服があるはずだ。
そこでウォルフが見たのは、室内で破壊された培養装置と爆たちの死体、そして予備の防護服を引きちぎり破壊するテラフォーマー2体の姿であった。

 

ゴキブリの狙い


即座に状況を把握し逃走を指示するウォルフ。エンジニアたちにまともにゴキブリと対峙する戦闘能力はない。
追いつかれる、殺される…!

そう確信した瞬間。ゴキブリは予想に反し進路を変え、ある地点を目指して迷いなく階下へ移動していった。

そこは通信コントロール室。紅と爆がそこにいた。
爆は日米班の誰かが来たのだと思って声をかけるが、防護服のマスクから覗く目はゴキブリのそれだった。
通信室のドアを開け紅を逃がそうとする爆だが、ゴキブリは抱えたボンベのようなものをドアにつっかえ棒として挟み、閉まらないようにしてしまう。

紅を守りながら同時に2体のゴキブリを相手にしなければならない爆。
オニヤンマに切り飛ばされた右腕を再生し通信コントロール室へ急ぐ慶次。
非力ながらも各々が特殊能力を持つエンジニアたち。
そして事態の中心にいる紅。

未だ毒素が消えないアネックス艦内で、それぞれの思惑が交錯する-。
広告

週刊ヤングジャンプで連載中の「テラフォーマーズ」に関する個人的な感想ブログです。

ネタバレには配慮しませんので、ストーリーを楽しみたい方は閲覧にご注意下さい。

Return Top